安定供給とは?

医薬品供給が停滞して早数ヶ月。

特に今日は口が乾くほど「医薬品が足りないんですー」「お薬のメーカーが変わりますー」といった内容を窓口で説明しまくった日でした。

騙し騙し医薬品を回して来れたのに、ここに来て医薬品卸も底を尽きたのか入手不可能が続いているせいだ。

挙句の果てには卸も「今どこの薬局、クリニック、動物病院等で何の薬が不足しているのかまったく把握できていない」状況らしいです。

把握できてないって、凄まじい状況ですよ?購入データは絶対に残っているはずなのに把握できてないって・・・。

 

 

 

 

検索すれば出てくる記事ですのであえて書くことはしないですが、ジェネリックメーカーの不祥事が立て続けに発覚し、行政の立入検査や出荷停止、業務停止処分が起きました。

我が国でもなかなか大きなシェアを誇っていたメーカーだけに、不足分のしわ寄せが他のメーカーに行くので需要と供給がおいつかず特約店のみの販売、とかいうあってはならない贔屓な販売方法をとりだす始末。

後発がダメなら先発でいいじゃん、と思うのですがここが日本のいびつな医療体制でございまして、

圧迫している医療費を抑制するために後発医薬品を積極的に使用しましょう、となっております。

なので、後発を処方した、使用した病院、薬局は後発体制加算なるものが加算されます。

しかも、後発品を使用する割合が低い医療機関にはペナルティ(マイナス料金)が発生するので、

ペナルティ喰らいたくないならジェネリックを普及させなさいよ

と半ば強制的なルールが存在するのです。ドーン

不祥事を起こしたメーカーに完全に落ち度はあるのですが、今の医薬品売買価格をみていると、経費の抑制を考えてしまうのは致し方ないことなのかな?と同情の気持ちも1%くらいはあります。

医療費を抑えたいがあまり、医薬品売買ってあまり採算の取れない商売になってきておりまして、毎年のように価格が国によって下げられるので、

メーカーとしても販売価格をおさえる必要が生じてしまい、会社としての体力が落ちます。また間に挟まれる卸さんも、エンドユーザーである薬局等への販売の際、価格が強制的にも下げられてしまうので、人件費そのままで売上が落ちるのです。

そして最終の薬局等は、医薬品を処方として調剤しても差益があまりにもないので、在庫過多は非常にしんどく、高額商品(抗がん剤等)は差益0ですので、

1錠でも余ってしまうと大赤字となります。

よくあるのが、30錠包装単位のもの(薬価で1錠1万)があったとして、1日1回14日分、とかいう処方が出た場合、残り16錠ははかすことが不可能なので一瞬にして16万円の損、ということになります。

返品不可、期限があるので処方として出ない限りこの16万は永遠に無価値として存在することになるのです。そんな薬がたくさんあります。と、こんなくだらない愚痴はさておき。

只今日本は医薬品の供給がおいついていない、そんな国なんですよ、とボヤきたかっただけです。はい。

 

 

 

 

お薬の事はもちろんそれ以外でも何でも相談しに来てください。

〒599-8247 大阪府堺市中区東山570−4

アルファ薬局

TEL:072−230−1193 FAX:072−230−1223

※堺市全域でお薬の無料配達サービスをしております。原則時間指定は致しかねますが、その他地域においても可能な限り対応しております。お気軽にご相談ください(^^) LINEにてスムーズなやり取りもできますよ。

大阪市(平野区、東住吉区)、堺市、高石市、和泉市、岸和田市、貝塚市、泉南市、阪南市を現在在宅訪問含め対応しております!順次ロードマップ拡大中。

関連記事

  1. 「多汗症」その1

  2. 薬価の変動

  3. コロナの特効薬?

  4. 速報?悲報?カロナールが入手困難に

  5. ロキソニンもアウト

  6. ジェネリックじゃなくなったんだってさ

PAGE TOP