薬価の変動

さて、先日とある新患さんが来局され、お持ちいただいたお薬手帳をみる限りいつも通りの薬でした。

そのとき、最後の会計にて「別の薬局だと高かったけど、こっち(アルファ薬局)は安いな。薬局で値段が全然違う」とその患者さんはおっしゃいました。

んー・・・特段、うちの薬局が安いわけでもないと思われますし、安くなるような割引等は調剤薬局ではまずできないはずなんですけどねぇ、と思いながら。

あらためて、「薬価」について説明いたします。医療機関は平等で公平なんですよ?

薬価とは

「国」が決定しているそれぞれの薬剤の価格です。

国が決めているので病院独自で、とか薬局独自で価格を変動させることはできません。Aという医薬品が1錠20円ならば、どこの薬局にいっても1錠20円なのです。

しかもこの薬価。前までは2年に1度の薬価改定(お薬の値段の変動)があったのですが、今や毎年薬価改定となりました。今使用しているお薬が100円であったとしても来年には95円になっている可能性も、逆に120円になっている可能性もあります。

経営者は毎年、値段の上げ下げを神経をすり減らしながら見守るしかないのです・・・(T_T) 値段が下がれば患者さんもハッピーですけど、上がると、先月よりも高くなってる!どういうこと!とピリっとした空気になりますからね。

関連記事

  1. 「多汗症」その1

  2. 無料配布される検査キットは誰でももらえるわけじゃない

  3. 保険証は薬局でも必要なの?

  4. ジェネリックじゃなくなったんだってさ

  5. 更年期障害と診断されて漢方もらったけど・・・

  6. キッズスペース改修

PAGE TOP