医薬品の問題についてAIにきいてみたw

ジェネリック医薬品の問題点は?

  1. 成分の微細な違い: ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含んでいますが、添加物や製造プロセスが異なることがあります。そのため、実際に服用してみて効果が得られなかったり、予期せぬ副作用が現れることがあります。
  2. 形状や味の違い: ジェネリック医薬品は新薬と異なる形状や味を持つことがあります。これは患者にとって違和感を生じることがあります。
  3. 副作用のデータの不足: ジェネリック医薬品の副作用についてのデータは新薬ほど蓄積されていない場合があります。したがって、副作用のリスクを正確に評価するのは難しいことがあります。
  4. 供給体制の問題: 製薬会社側の供給体制が整っていないため、処方されてもすぐに薬を手に入れることが難しいことがあります。また、医薬品情報担当者 (MR) の数が少ないため、医師への情報提供

ほうほう。。。

 

ジェネリック医薬品の利点は何ですか?

  1. 低価格: ジェネリック医薬品は新薬よりも安価で入手できます。これは患者にとって経済的な負担を軽減する点です。
  2. 同等の有効成分: ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含んでいます。そのため、同様の治療効果が期待できます。
  3. 選択肢の拡大: ジェネリック医薬品の登場により、患者はさまざまな選択肢から薬を選ぶことができます。
  4. 健康保険の負担軽減: ジェネリック医薬品は健康保険制度においても重要な役割を果たしています。低価格で同等の治療効果を得られるため、保険会社や政府の負担が軽減されます。

ジェネリック医薬品は、これらの利点を活かして多くの患者に利用されています。

ほほーーーう

 

 

製薬会社で不正をしたメーカーはどのようなところがありますか?

後発薬メーカーにおいて、品質不正問題が相次いでいます。例えば、沢井製薬(大阪市)や日医工(富山市)など計21社が業務停止命令を受け、薬の供給不足を招いています。また、今年10月には沢井製薬の九州工場(福岡県)で品質試験を不正な手順で行い、国の基準をクリアしたように見せかけていた事例もありました。厚生労働省は全172社に製造方法などを自主点検し、再発を防ぐための対策を講じています。

 

あらら。よくないねぇ

 

 

日本の製薬メーカーで、ここ数年で起きた不祥事は何ですか?

後発薬メーカーにおいて、品質不正問題が相次いでいます。例えば、沢井製薬(大阪市)や日医工(富山市)など計21社が業務停止命令を受け、薬の供給不足を招いています. これらの問題を解決するため、厚生労働省は全172社に製造方法などを自主点検し、再発を防ぐ対策を講じています. 後発薬メーカーの不祥事は、安定供給に向けて業界再編を促す報告書にも反映されています.

んーー? ほかにもあったでしょうに。小林とか。

 

 

 

具体的に

もちろんです。具体的な不祥事の例をいくつか挙げてみましょう。

  1. 沢井製薬(Sawai Pharmaceutical):
    • 沢井製薬は、2020年12月に傘下の小林化工が爪水虫薬に睡眠薬の成分が混入していたことが判明しました。この問題は健康被害を引き起こし、116日間の業務停止命令を受けました 。
    • また、沢井製薬の九州工場(福岡県)でも品質試験を不正な手順で行い、国の基準をクリアしたように見せかけていた事例もありました 。
  2. 日医工(Nihikou):
    • 日医工は富山市に本社を置く後発薬メーカーで、品質不正問題が発覚しています。業務停止命令を受け、薬の供給不足を招いています 。

これらの不祥事は、後発薬メーカーにおいて品質管理や製造プロセスの改善が求められていることを示しています。

 

日医工の不正行為について詳しく教えてください。

日医工(Nihikou)は、後発薬メーカーで国内最大手クラスですが、品質不正問題が相次いでいます。具体的な不正行為について詳しく説明します。

  • 出荷試験の不適合品の再試験: 日医工では出荷試験で不合格となった製品を別のロットで再試験したり、製品を再粉砕・再加工した後で試験を行ったりしていました。これは本来の手順として認められていない不正な対応であり、10年近く続けられていました.
  • 立ち入り調査で発覚: 2020年2月に富山県が日医工の富山第一工場への事前通告なしの抜き打ち査察を行ったことがきっかけで、不正行為が明るみに出ました。この査察によって、不適切な製造方法が発覚しました.
  • 健康被害の報告はなし: 現在、日医工の製造した薬について健康被害の報告はないとされています。

日医工はこれらの問題を解決するために対策を講じており、業務停止命令を受けています。

やっとるねぇ。アンチジェネリックではないですけれども、安心だと思って服用する薬が不安要素しかなければ、先発に戻したくなるのも当然の心理。

 

先発メーカーは不祥事を起こしていませんか?

後発薬メーカーにおいて品質不正問題が相次いでいますが、先発薬メーカーも例外ではありません。ここ数年で先発薬メーカーにも不祥事が発生しています。例えば、富山に本社があるジェネリック大手「日医工」では、出荷検査で不合格となった錠剤を取り換えて再試験を行い、錠剤を砕いて再加工するなどの不正が発覚しています。また、福井県の医薬品製造「小林化工」でも工場担当者のミスでジェネリックの経口抗真菌剤「イトラコナゾール錠」に睡眠導入剤の成分が混入していた事例があります。両社とも業務停止命令の処分を受けています。厚労省は不祥事に対する危機感を募り、全国の後発医薬品製造工場などに一斉の抜き打ち検査を実施して改善を促しています。

 

 

いや、先発メーカーの話ききたかったのに、、、

あ、今日の会話の制限に達しましたですって!

制限あるの!?

昔流行った「シーマン」っていう人面魚のゲームみたいで面白かったのに。

 

 

 

多汗症、オンライン診療、オンライン服薬指導ふくめ

お薬の事はもちろんそれ以外でも何でも相談しに来てください。

抗原検査キット(唾液・鼻腔)あります。

コロナ療養中の処方薬の配達も承っております。

 

〒599-8247 大阪府堺市中区東山570−4

アルファ薬局

TEL:072−230−1193 FAX:072−230−1223

※堺市全域でお薬の無料配達サービスをしております。原則時間指定は致しかねますが、その他地域においても可能な限り対応しております。お気軽にご相談ください(^^) LINEにてスムーズなやり取りもできますよ。

大阪市(平野区、東住吉区)、堺市、高石市、和泉市、岸和田市、貝塚市、泉南市、阪南市を現在在宅訪問含め対応しております!順次ロードマップ拡大中。

PAGE TOP